車を売るなら最低限の知識がなければ大損をする!

車を売るなら最低限の知識がなければ大損をする!

大金が動く取引だと肝に銘じる

車を売ることは仕事でもなければ一生のうちに何度もあることではありません。それだけに普通の人であれば経験も少なく、知識の乏しい状態で売りに出すことになります。そこで、車の売買は大金が動くものだということを売りに出す前に肝に銘じておきましょう。これが数千円の取引であれば損をするのは数百円程度ですから、手間暇を考えればそれほど惜しいものではありません。車は数十万円から百万円の金額が動く取引になるので、少しの知識の差が数万円、数十万円になることもあります。これだけ金額が違えば安く売ってしまった時に失敗をしたでは済まされません。大金が動く取引だと肝に銘じ最低限の知識を事前に身につけておくようにしましょう。

業者は車を安く買いたい

相手の立場に立ってみればわかることですが、業者からすれば仕入れはできるだけ安くしたいわけなので、必ずしも最初から予算の許す限りの金額を提示してくるとは限りません。はっきり言ってしまえば、いきなり予算の上限を提示してくることはありません。最初はできるだけ低い金額を提示して、徐々に査定額を上乗せして少しでも安く買取をしようとします。200万円まで出せる車があったとして、最初の提示額は150万円で最終的な価格が180万円になった時には、30万円も上積みを勝ち取ったと満足してしまいがちですが、実際には20万円を損していることになります。

相手は交渉のプロだけに売り手に得をしたという気分にさせて安く買うのを得意としていますから、口車に惑わされず相場をしっかり確認し、いくつかの業者から相見積もりをしてしまい、簡単に安く売らないようにしましょう。

中古車は、新車と比べると走行性能が衰えていたり、車体に傷や汚れがあったりしますが、購入費用を安く済ませられるといった大きな魅力があります。